東南アジアで太古より伝わる曜日占いって知ってますか

  • 占いと接する上でのスタンスとは

    • 占いを信じるも信じないもその人次第ですが、毎日チェックするのではなく、たまたまその占いを見た結果、ラッキーカラーやラッキーナンバーなどがあればそれを念頭に入れて生活するというのを実践しています。例えば、宝くじを買うにしても、ラッキーナンバーは4だから4番の窓口で買おうとか、ラッキーカラーが白だから白いものに包んでおこうとか、行動を決める際の参考として活用することがあります。

      私は運命を信じています。



      基本的に私たちの生活は論理的で科学的な根拠に準じています。



      1番の窓口では1等が出にくいとかなぜか3番の窓口では特別賞が出やすいとか、統計学的な視点に立てば、そのような傾向はありません。

      しかし、ちょっとした偶然が思いもよらない幸運をもたらすことは往々にしてあるのです。



      それを信じるか信じないかもその人次第ですが、そういうのを信じられる人生は楽しいと思います。



      なんでもかんでも論理的に考え、偶然を否定するというのは大変味気なく、魅力的には思いません。



      一方、毎日占いをチェックし、それに律儀になることも違います。

      占いの結果が当たるように意味づけした生活というのは、全くもって意味がありません。


      あくまで参考として、たまたま出会ったからこれも運命みたいな偶発的なものとして受け入れることが占いを一番楽しむ心がけではないでしょうか。

      それはおみくじにも言えます。



      凶をひいたからずっと凶とは限りませんし、大吉をひいたからずっと大吉でもありません。



      凶をひいたからもう全て悪い物は出しつくしたと考えるか、大吉が出たから運を遣ってしまったと思うか、全てはその人の考え方次第です。



      人生を楽しめるグッズになるか、それに縛られるものになるか。
      全ては自分自身の心構え1つなのです。

  • 関連リンク

    • 占いを信じるも信じないもその人次第ですが、毎日チェックするのではなく、たまたまその占いを見た結果、ラッキーカラーやラッキーナンバーなどがあればそれを念頭に入れて生活するというのを実践しています。例えば、宝くじを買うにしても、ラッキーナンバーは4だから4番の窓口で買おうとか、ラッキーカラーが白だから白いものに包んでおこうとか、行動を決める際の参考として活用することがあります。...

    • 恋愛をしていると、相手の事を考えているだけでもドキドキするし色々な事に頑張れたりもします。楽しさと同じ位不安を感じる事も多くあります。...